ダイエットサプリメント

ダイエットサプリメントの位置付け

日本の法律では、ダイエットサプリメントなどは全て食品に分類され、医薬品ではありません。 みなさんも見かけた事があるものと思いますが、サプリメントには、効果・効能は記載されていません。 逆に、医薬品には効果がはきりと明記されています。 薬事法と言う法律で、食品には効果・効能は無いとされていることから、こうした表記が出来ません。また、医薬品には治療や予防の効果がある為、その効果が記載されています。 また、その商品の認可も、食品と医薬品では全く違います。 医薬品は、とても厳しい審査を通過した上で薬として販売可能になりますが、サプリメントなどの食品は、医薬品に比べれば、審査は通りやすいのです。 その代わりに、食品なんだから効果は無いし、記載してもいけない、という決まりになっているのです。 販売されているサプリメントにそのような効能が書かれていたら違法ですので、そんな商品を買うのはやめましょう。 サプリメントなどの健康食品は、一般の食品に近い状態であれば、健康食品と呼ばれ、錠剤や粉末の様な、薬に類似した外見をしていればサプリメントなどの健康補助食品と呼ばれます。 サプリメントは特に薬のように見えてしまいますが、間違っても薬ではないので、覚えておきましょう。 サプリメントの様な食品は、比較的認可が下りやすく、健康上問題が無ければ、商品化が可能なのです。 ですから、極端な話、ラムネをサプリメントとして販売する様な事も可能です。 しっかりと見極めて購入・使用したいところですね。