ダイエットサプリメント

ダイエットサプリメントとビタミン剤と薬

ダイエットをする場合、サプリメントを利用する方も多いようですね。 ビタミン剤やサプリメント、そして薬は同じようなものだと思っている方も多いでしょうが、これは全て同じというわけではありません。 ビタミン剤というのは、病気の治療にも使用されているものです。そうすると医薬品なのではないかと思われるかもしれませんが、副作用が無いため医薬品ではないのです。 食品にも含まれているのがビタミン剤ですので、安心して摂取することができるでしょう。ただし、過剰摂取には注意しなければなりません。 薬局で医薬品として商品を販売する場合、厚生労働省の承認がなければなりませんので、薬になるようなものが見つかって医薬品にしたいとなっても勝手に販売することはできず、安全であることや有効であることをきちんと確かめ、厚生労働省に承認の申請をする必要があります。 厚生労働省で承認された後は中央薬事審議会で審議され、そこでも承認されると医薬品として認められるということになります。 なぜこういったいくつもの手続きを行わなければならないのかというと、やはりそれだけ人体への影響が大きいからですよね。 医薬品と認められるためには、莫大な費用が掛かりますし、もちろん時間も掛かるものなのです。 副作用のリスクを伴うのも薬だからこそですよね。薬剤師、医師などの免許を持った人しかその副作用のリスクを管理したりすることはできません。 病気を治療する際に使用されているものだったとしても、副作用が無い場合は医薬品とは呼ばないため、副作用の無いサプリメントは当然医薬品ではありません。 この3種類にはこういった違いがあるのですね。