ダイエットサプリメント

サプリメントの広告とバーゲンに注意

最近は、サプリメントも随分と一般的な物となってきており、ダイエットの時や運動時に、よく摂取する人が増えてきました。 当然、このサプリメントを購入する訳ですが、最近は実に多くの種類の商品が並んでおり、選ぶのに大変です。 そんな中ですから、広告で、”痩せる!”とか”筋肉増強!”とか”○○が回復!”とかはっきりと強調されているものもよく見かけ、 消費者としては、自分で選ぶよりはと思い、そちらを買う、という事が多いと思います。 しかしながら、そもそもこの広告によって効果を思わせる様な表示をする事自体が、実は違法なのです。 日本には、薬事法という法律があり、この中で、サプリメントは食品と位置付けされています。 食品は、当然薬とは違いますから、何かを治療する作用などありません。 ですから、サプリメントの販売宣伝をする事が悪いのではありませんが、この様な効果と思われる記載、つまり違法行為を堂々とやる 販売店やメーカーの商品は、その程度の物と判断し、購入しない事を強くお勧めします。 あとは、極端に安い商品は、原価率が相当に低く、原材料や開発費用にコストが掛かっていない、つまり粗悪商品という事になります。 実際、問題の無いサプリメントを通常に生産したら、そこまで安くできるはずが無いのです。 中には、こうした事情を逆手に取って、原価率は低いにも関わらず、敢えて高い価格設定をし、この価格から値引きを実施して お得感を出し、消費者の目を引くという商法を展開しているところもあります。 こうなってくると、もう消費者には正確に判断し切ることは難しくなってきますが、大事な事は、とにかく違法行為をしておらず、 極端な安さや、万年値引き状態の様な商品を購入しない事ですね。