ダイエットサプリメント

国内メーカーと海外メーカーのサプリメント比較

ダイエットやスポーツの関連で、最近はサプリメントの摂取も一般的になってきました。 その影響もあり、販売店も増え、今では本当に困らない程多くの種類の製品が販売されています。 しかし、数多い品種の中から、購入する物を選ばなければいけない大変さがあります。 例えば、海外製品もありますから、輸入品を買って摂取している人もいるでしょう。 中には、海外製品を摂取した事で、体に変調をきたしたという方もいるようですが、これは、海外の物は 日本人の体質に合わなかったりすることがある為で、基本的に国内品であっても、体に合わなければ、拒絶反応が起こる可能性があります。 海外品であろうと国内品であろうと、しっかりと自分で見極めて、必要な物か、不要な成分が含有されていないか、 製造日はやたらと古くないか、などを吟味して購入するべきでしょう。 日本の法律では薬事法というものがあり、この法において、サプリメントは食品と位置付けされています。 それから、食品であるサプリメントは、薬と違って、体質改善的な漢方薬と似た位置づけなので、薬のように、効果や効能を記載してはいけない 事になっています。この法律は絶対ですから、ネット通販などで、この様な記載を見かけた時は、違法行為ですから、 間違っても購入しない用にした方が安全です。 普通の消費者にはなかなかそこまで気に出来ませんが、販売店で聞いてみるといいかも知れません。 基本的に、サプリメントは、原価率が高い商品の方が、製品の原材料や、開発にコストが掛かっていることになり、余計な宣伝広告費などが盛り込まれていない事が 分かれば、品質がより高い物と判断出来る一つの基準だと思います。